知っておきたい高齢者の熱中症予防方法

医療

医療について

知っておきたい高齢者の熱中症予防方法

高齢者は若い人々とは違って体温を調節する機能が低下しているため、熱中症にかかりやすいと言われています。
従って体温調節に効果的な汗をかきにくく、またのどが渇きにくいという特徴があります。
高齢者は特に家の中でも熱中症にかかりやすく、室内にいるからといって安心することはできません。
高齢者は気温の変化を敏感に察知しにくくなっているため、室内に温度計を設置してチェックすることをおすすめします。
31度を超えると熱中症にかかりやすくなり、エアコンを効果的に使用する必要があります。
また扇風機も使用するなどして室内の温度を涼しく保てるように気を付けなければなりません。
またのどが渇いていなくても積極的に水を飲むように心がけます。
水だけではなくお茶などの飲み物でももちろんよく、時間を決めて飲むようにするのもおすすめです。
また気温が高くなるときには外出しないようするのも効果的です。
気温が低くなる時間に外出するようにします。